CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

【受賞者インタビュー】ベストエンジニアにとって“Cloud9”とは!?

2018年下期の総会でベストエンジニアを受賞したクラウドナイン(以下、Cloud9)のエンジニアに迫っていきたいと思います!キャリアから、今の想いまでをインタビューしました!

ターニングポイントは「iPhone」

━━細谷さんのご経歴を教えてください。

元々はSIerで、その後gloopsに4年ぐらいいて、Cloud9設立から今に至るような形です。
入社背景は、一緒に仕事をしていた加藤さんがクラウドナインをやる!って段階でお声かけいただいて入社をしている形ですね。
Cloud9でやっていることは、現在はクライアントサーバー側を中心にやっています。Cloud9としては、サーバーもクライアントも両方やることもあります。

━━なるほど!加藤さんのお繋がりなんですね。ところで、ゲーム業界への転身は、なぜなんですか?

iPhone 3GSがキッカケです。発売当時、海外タイトルのソシャゲをやって、面白さを見出して、そこからゲーム業界に思い切って転身しました。

普段から気になるところを改善できないかと考える

━━iPhoneがきっかけなんですね!では、今の仕事内容と今回の受賞の背景を教えてください。

今回は会社全体の工数削減への貢献という形でした。そもそも会社全体の仕組みを【作るまで流れ】としては、普段業務を進める中で、気になっていた部分をみつけて、普段のPJTと並行しながら作る感じです。

━━PJTと並行して進めるんですね!もう少し具体的にお願いします!

例えば、開発では強化の修正をいれたら、なぜかガチャにも影響しちゃった、とか逆も然りですが起こりうることなんです。何がどこまで影響範囲を持っているかは分かりにくかったりします。

この課題が以前から気になっていたので、取り組んだ感じです。
この課題がクリアになっていないと、どこまで影響しているかが要素である見積もりにも影響が出てしまいます。結構昔から気になっていたので、特に解消したいという想いが強かったですね。
さらに改良をしていけば、単一のPJTだけでなく複数の案件・PJT共通で使えるようなレベルになる可能性もあります。

他にも「マスターをいれてみたら、急に動かなくなりました。調べたらいれたデータがおかしかった。」なども、これが繰り返されると、どうにかならないかなぁと考えてますね。

短期間で最大化できるメンバーがいる

━━普段から気になることを改善していくってのが習慣としてあるんですね!次に、会社の好きなところを教えてください!

いいメンバーが揃ってるところですね!それでいて個性がある!
どういうことかと言うと、仕事は「短期間で最大の成果を出すこと」だと思っていて、それができるメンバーがいるということです。短い期間で高いクオリティーを成し遂げられるメンバーがCloud9には集まっています。
やっぱり実装開始から仕上げは最短で行きたいんですね。そこの自分のこだわりに対して、実現できるメンバーがいるので、当然モチベーションは高まりますよね。━━頼もしいメンバーですね〜!最後に、この半期の意気込みをお願いします!

そうですね、今やっているゲームのクオリティーを最大化できるように、とにかく面白いものを作っていくことですね!ゲームの成果をとにかく出して行きたいです!

━━なるほど!ゲームのリリース楽しみにしております!この下半期の活躍も期待してます!本日はありがとうございました!

CONTENTS