CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

【受賞者インタビュー】ベストパフォーマー受賞 SHOPLISTのマーケターに迫る!

2018年下期の総会でベストパフォーマー賞を受賞したCROOZ SHOPLISTのマーケターに迫っていきたいと思います!どんな人で、どんなキャリアの人なのでしょうか?

入社後はエンジニアからスタートし、マーケターへ

━━東覚さんのご経歴を教えてください。
クルーズには2014卒として入社してます。入社の理由は、選考過程で最速で成長できそうだと感じたからというのが一番ですね。内定もらってすぐに決めましたね。
あと、もう1つ入社の理由があって、開発職からスタートできるというところでした。開発を経験したいと考えていたので、クルーズに決めたんですよね。
なので、入社後の研修では、エンジニア研修があって、そこでプログラミングを覚えていきました。配属では、他のメンバーは全員ゲーム配属でしたが、自分ひとりだけSHOPLIST配属でした。一番最初の職種はSHOPLIST開発部で、エンジニアとして1年ぐらいやっていましたね。ちなみに、当時の森山さんは怖かったです(笑)

━━エンジニアからスタートしてたんですね!今に至るまでの流れは?
開発とマーケをやりたいと思っていたので、エンジニアを経験した後は、販促企画を経験して、今はプロモーションという流れです。
現在やってることに関してですが、メインはオフラインでやりつつ、チーム全体のマネジメントを担っています。
まずプロモーションの前提としてオンライン、オフラインって区別されていて、潜在顧客をユーザーにしていくのが「オンライン」、認知やブランディングに近いのが「オフライン」ですね。
そこの全体管理が自分のマネージャーとしての役割です。具体的には、役員と、年間の目標値に対して、どうやっていきますか、どう予算を使っていきますか、オーガニックはこうだよね、だからオフラインとオンラインで、この戦略でいきましょうなどを話し合い、チーム全体の戦略設定やマネジメントを行っていますね。

高い目標を掲げる文化がいい

━━なるほど。オンラインも、オフラインもあるんですね!本題なのですが、今回の成果に繋がったポイントってなんでしょうか?
東覚:正直なところタイミングが大きかったと思っています。成果ってなかなか積み上げても成果になりづらい時期ってあると思うのですが、今回はその積み重ねがうまく乗った感じがしますね。あらゆる要因、過去にやったことや、継続してきたこと、いろんな部署の取り組みの積み重ねだと思います。
ただ、もし挙げるとすれば高い目標を目指していたから、それなりに成果に繋がったとは思います。毎回、高い目標だと思うし、実際のところは達成できてない部分もあるわけです。でも、高い目標だったからこそ、成果の最大化に繋がっているんじゃないかと。

この考え・文化は個人的に自分自身の考えにもマッチしているし、そこに納得感、意義があると感じるから好きですね。
そこを目指すことが気持ちいいし、どうせやるならそこを目指したいと思いますね。

世の中のインフラをツクルために、SHOPLISTを世の中ごとにしたい

━━SHOPLISTの文化そのものもマッチしてるんですね!では、今期の目標を教えてください!
2つありますね。
1つは、もっとSHOPLISTが世の中ごとになるブランディングを仕掛けていきたい。世の中の認識を変えるキッカケを作りたいですね。まだまだ足りないと思っているので、そこの一歩目を今期、踏み出したいです。

2つ目は、チーム力で尖っていきたいですね。他の業界的にもSHOPのマーケティングチームやばいな。。。という印象を持ってもらえるような尖ったチーム作りをしていきたいです。
そのためには、チームメンバーが自発的にやっていく仕組みをつくる。あくまでコーチング・助言をしっかりして、その課題のクリアの仕方を身につけてもらう。例えば、Aという問題をクリアにするためには、どうやってクリアにするかを助言しつつ自発的に解決してもらいます。そして一度Aをクリアしたら、類似した問題が来た時に次は助言なく自分で考えてクリアにしてもらうようなイメージです。

自分で考えて自分で行動していけるチームが最強だと思っています。
この2つを目標にしていきます!

━━世の中ごと!Take Ownerですね!この下期でのさらなる成果を期待しています!本日はありがとうございました!

CONTENTS