CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

採用×広報×IR×経営企画…そして、編集長も。多職種に働く広報の展望

クルーズとして、1年以上社内報として運用していたメディアを社外にも公開することになり、そこの編集長としてグループブランド戦略室に参画している齋藤がどんな人間で、どんな展望でいるのかインタビューしました!

齋藤 大輝(さいとう だいき)
クルーズ株式会社 社長特命執行部・グループブランド戦略室

神奈川県・理系出身。大学時代は遺伝子の研究をしていた傍で、採用コンサルティング会社にインターン生として勤務。2014年から新卒として同採用支援会社に入社、営業として従事。2017年 CROOZに入社。SHOPLISTの新卒採用を推進後、現在はグループの広報PR、IR、投資、M&Aなど社長特命執行部で幅広く業務を行う。

前回はCBO諸戸に話をきき「より多くの人にクルーズグループの魅力を伝えていけるのでは?」と思い外部への公開も踏み切りました(記事はこちら)。前回に引き続き運営にいるグループブランド戦略室のメンバーに話を聞いていきたいと思います。

──早速ですが、齋藤さんの今までのキャリアを教えてください!

簡単に今までのキャリアをお話しすると、まず学生時代から今までずっとハンドボールをやっています(笑)仕事面では、前職はインターンも経験して、そのまま新卒入社しました。やっていたこととしては、求人広告や採用アウトソーシングなど採用活動全般に対してのツール販売とコンサルティングを行なっていました。その後、クルーズですね。今は、非常にありがたいことに幅広く広報PR、IR、採用、経営企画、M&A等の数えきれない範囲のことをやらせてもらえています。どれも未経験な領域ですが、なんとかやっています。

──そうなんですね、諸戸と同じく人材系出身ですね。そして、なんでもやっているんですね。その後、クルーズにたどり着いたのは何故ですか?

クルーズに入るきっかけとしては、元々前職の時から仲良くしていて、特にCBOの諸戸とは、食事やら一緒に韓国にいくなど交流がありましたね(笑)そして、 あるタイミングで新卒採用以外も諸戸が行なっていくということもあり、そこの採用担当枠でお声かけいただき、入社に至りました。

決めた理由としては、シンプルにクルーズという会社をもっと知りたいと感じたことと、そのめまぐるしい環境に浸かりたいと思ったことです。具体的には、規模感や変化し続けている経営、組織、さらには会社としていく成長いく会社をもっと知りたい、成長している根源を体感したいと思ったことですかね。

グループ会社が増えていく中でのブランド構築を担う

──なるほど!今現在は、広報・IR・M&Aなどやっている中で今回のブランディングの活動に至ったのはなぜですか?

現在の仕事は、大きな枠でお話しすると、クルーズのグループ経営をしていく上で、「グループ全体の拡大」と「子会社と本社のハブのような役割」といったところです。

その中で、今回はグループブランド戦略室の設立に至りました。 ここの目的は、グループ経営になり、ブランディングの部分も1から作り上げていくことです。各子会社があらゆる事業を展開しているクルーズグループに、共通するブランドイメージを作れればと思います。 そして、社外だけでなく拡大していくグループ社内にも向けて発信・ブランディングをしていきます。 だからグループ総会も我々がやります。

メンバーもCBOの諸戸をはじめ、サイバーエージェントで実績をもつ黒木、SHOPLISTの期待の若手と集めているので、いいものを作っていきたいですね。

全てのステークホルダーに情報を届ける場所に

──クルーズというだけでなく“グループ”としてが強いんですね。では、今後の展望をお聞かせください!

トレクルに関しては、クルーズグループのイベント、サービス、社風、ヒトを取り上げていく予定ですが、思いとしては、「全てのステークホルダーに対して会社のコトをしっかり伝えていく」という軸はぶらさずに作っていきたいです。というのも我々企業は社会に対して発信してく義務というか責任があると思っていて、それは適時開示やサービスリリースはだけでなく、社風やヒトも同様だと思います。大げさかもしれませんが広報の役割ってそこだと思ってます。
今までなかった部分を特にやるということを考えると、当面は「ヒト」を中心に取り上げていきたいと思います。
「ヒト」も2つありまして、1つ目は、経営者です。クルーズのミッション「インターネット時代を動かす凄い100人を創る」にもある通り、グループには多くの経営者がいます。多くの経営者がいるという他にない特徴も活かして、経営者を紹介していきます。

2つ目は、社員ですね。経営者だけでなく、グループには200名以上の社員がいます。今まであまり外に出してこなかった社員、社内というものも出し惜しみせずにいきます。 個人あるいはヒトというのが、今後のブランディングを創るドライバーだと考えて数ヶ月は走っていきます。 個人的にフランクな言い方を添えるとしたら、真面目にふざけつつ、社内も社外の人にも、ありのままを伝えられる面白いプラットフォームにしていければと思います。

個人的な展望は、これからも食わず嫌いせずに、どんな仕事もやって唯一無二の生きる力をつけて、グループの拡大を実現することに貢献できればと思いますね。

──多くの人が発信されることを期待したいです!ありがとうございました!

CONTENTS