CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

SHOPLIST新卒メンバーが目指す!最高の働く環境へ

クルーズグループで、活動を開始したグループブランド戦略室。グループ全体のブランディングを担っていくメンバーの1人である今回のSHOPLISTメンバーを先立って1人インタビューしてきました!

井上(いのうえ)
CROOZ SHOPLIST株式会社 ブランドグロース本部

香川県出身。大学時代は経済学部で経営などの勉学に勤しみ、学外では、NPO法人のスタッフや就活支援団体エンカレッジの香川支部代表として活動。また、地方創生系合宿型ビジネスプランコンテスト「BIZ CAMP」にて、採用業務、自治体とのイベント運営、企画などに従事。2018年4月にCROOZ SHOPLIST株式会社へ新卒として入社。カスタマーサポートを経て、現在は既存営業を行うMD職として勤務。

SHOPLIST新卒1年目の井上さんにグループにいるキッカケや仕事環境、考えなどを聞いてきました。

──早速ですが、井上さんは新卒ということでSHOPLISTへの入社の理由も教えてください!

「お金を稼ぐ力を身につけたい!」と思って、CROOZ SHOPLIST株式会社に入社しました。新卒として入社する会社を決定する軸は3つあって「①事業創造」「②事業拡大」「③人」でした。CROOZグループは、時代に合ったニーズを捉え、様々なプロダクトを世の中に出してきていて、そんな環境に身を置きたい!と思いました。学生時代からSHOPLISTの方にお世話になっていて、一緒に働きたいと思っていました。グループの人だとCROOZ執行役員の諸戸とは、よく食事に連れてっていただきましたね(笑)皆さんに「井上は成長したよね!」って言ってもらえるように成果を出したいと思います!

──結構歴史があるんですね。では、今やっていることをお話いただけますか?

現在は、ブランドグロース本部にて、MD(マーチャンダイザー)として、既存営業を行っています。SHOPLISTにご出店いただいている各ブランド様と最も関わる業務になります。主な業務としては、毎日ブランド様の取扱高を確認、目標の取扱高を目指して、在庫追加の提案や施策参加、セール交渉することです。ブランド様の受注が向上することが、SHOPLISTの売上をあげていくことにもなるため、チームのメンバーやマネージャーと一緒に「どのようにすれば受注向上できるか?」を考え、様々な交渉を行っています。 設立してから7年目になるので、これまでにどのようにして成功したブランド様がいるのかということを参考にすることもでき、SHOPLISTが成長しているフェーズに携わっているんだという実感もありながら業務をしています。

──グループブランド戦略室(GBS)に入ろうと思ったのは?目指すところは?

GBSに入ったのは、自分を含むみんなが、楽しく働く環境を作ることに関わりたいと思ったのが1番の理由です。 個人的な成長も、もちろん大事だとは思うのですが、1人が10倍の仕事をするよりも、10人が1.2倍の仕事をできる環境の方が良いと思っていて、みんなが楽しく働けるような環境になれば、売上も向上して、みんなハッピー!みたいな感じになるんじゃないかなって思っています(笑)

そんな環境であれば、社外の人も「こんなことやってる会社って楽しそうだな!」とか「こんな場所で働いてみたいな!」って思ってもらえ、SHOPLISTで働く仲間も増えて、いいこと尽くしになればいいなぁと思ってます!

とはいえ、わからないことだらけなので、ひとまず目の前のことを頑張って形にしていこうと考えています。

CONTENTS