CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

営業・プランナー・物流をわずか2年で経験。SHOPLISTを支えるプロモーションメンバー紹介

クルーズグループで、活動を開始したグループブランド戦略室。グループ全体のブランディングを担っていくSHOPLISTのメンバーをインタビューしてきました!

五十嵐(いがらし)
CROOZ SHOPLIST株式会社 プロモーション本部

神奈川県出身。大学ではサークルやゼミの代表を務める傍ら、営業会社にてインターン活動を行い、社内でNo1営業マンとなる。その頃よりビジネスへの関心を高め、2017年新卒としてCROOZへ入社。入社後はSHOPLISTにてプロモーション/新規営業/プランナーと複数の職種を経験。2018年からCROOZ EC Partnersにて新規営業/アプリプランナー/物流運用に従事し、2019年よりプロモーション本部に異動。

インターン時代からクルーズで勤務し、様々な職種を経験してきている新卒2年目のメンバーに話をききます!

──早速ですが、五十嵐さんは新卒2年目ということですが、SHOPLISTへの入社の理由を教えてください!

大学時代に営業代行会社にてアルバイトを実施していた経験から、自社のプロダクトを持っている会社の競争力の高さを実感したことが入社理由に繋がっています。クルーズは多くの自社プロダクトを世の中に発信してきていて、私が入社するときはSHOPLISTがメイン事業でした。私自身もSHOPLISTに関わり、自社プロダクトをツクリ、大きく拡大させていくことをしていきたいと思いSHOPLISTへ入社を決めました。 あとは「若い人に裁量権を与えて任せる」という文化・社風に惹かれたことも理由にあります。 実際に、入社後は様々な仕事を任せてもらえ、入社時の選択は間違っていなかったと感じています。

──なるほど。もう少しこれまでと、今やっていることについて詳しくお話いただけますか?

これまでにSHOPLISTにて内定者時代にプロモーション、入社後は新規営業/WEBプランナー、CROOZ EC Partnersでアプリプランナー/物流運用など、ECに関わることは幅広く経験をさせてもらっています。 現在はSHOPLISTのプロモーション本部にて、LiSTA(https://shoplista.com/) というメディアのグロースや、SNS及びインフルエンサーを活用したプロモーションを任せていただいています。

──様々な職種を経験してきている印象が強いですが、一つの職種ではなく、複数の職種を経験してきたことに関して、どう感じてますか?

様々ありますが、ECにおける入口~出口を経験できている、というのがとてもとても貴重だと感じています。 入口とは、つまりSHOPLISTへの集客を行うプロモーション、出口とは、実際にユーザーに物を届ける物流です。 また、間にあるシステムの構築ディレクションも経験させていただいたので、目の前の業務を点ではなく線で見ることが出来るようになったと感じることが多く、これはよかったなと常々思いますし、こういった経験をさせていただけたことにとても感謝しています。

──グループブランド戦略室(GBS)に入ろうと思ったのは?目指すところは?

最初はSHOPLISTにある社内イベント企画、文化づくりをしているチームに入り、その中でトレクルの運用担当になったのがきっかけでグループブランド戦略室の一員になりました。 この部門では、グループの文化の創造と社外へにブランディングという大きな目標に向けて様々な手段を講じることができる環境です。グループ内にいる人たちが働きやすく、社外の方々にもたくさんクルーズグループを知って、働いてみたいと思われる文化醸成が出来ればと考えています!

──ありがとうございます!!今後もよろしくお願いします!

CONTENTS