CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

「ビジネスの世界でNo.1を」EC Partnersの拡大を担うメンバーを紹介

EC領域における課題解決、ECを通じた目標の実現に向けたソリューションを提供する事業を行うCROOZ EC Partners(以下、CEP)のメンバーに今回は話を聞いてきました!なぜSHOPLISTにいるのか、CEPで何を目指すのか?!活躍する新卒メンバーをインタビュー!

工藤(くどう)
CROOZ EC Partners株式会社 ソリューション営業

新卒入社で、1年目はSHOPLISTの営業と新規サービスのプランナーを経験後、当時新規事業部だったECソリューション事業部に配属。配属後は、ソリューション部としては初の新規クライアントの物流の立ち上げ担当。2018年よりCROOZ EC Partners株式会社として子会社化後は、物流周りの責任者を務めながら、新規営業も担当している。

──早速ですが、工藤さんの学生時代のお話と、新卒でSHOPLISTへ入社した理由を教えてください!

学生時代は、部活漬けでした。特に高校のころはボート競技部に入っており、インターハイ、国体ともに上位入賞をするほど、夢中になって頑張ってました。

就活では、いつか経営者になって自分で事業を持ちたいと考えていて、そのために早くビジネスの経験が積める企業を探していました。 CROOZはメイン事業を5回以上変えてきて、赤字になったことがなく、ここならビジネスが学べると思いました。かつ、会社から「食わず嫌いをせずに何でもやりなさい」というメッセージを感じたので、 ここで揉まれて成長したいと強く思ったのが入社の理由です。

──なるほど。ビジネスの経験が大きなポイントなんですね。実際に入ってからはどうですか!?

入社後、本当にギャップが一切なく、たくさんのことを任せていただきました。 入社してからは、SHOPLISTで新規営業、既存営業(MD)を任せていただき、ブランドさんの受注に貢献することが出来ました。さらに、入社から半年で待望の新規事業(のちのCROOZ EC Partners)に配属となり、物流・ロジスティクスというこれまた新しい領域を任せていただきました。右も左も分からない中でしたが、周りの手厚いサポートのおかげで新規案件を推進できました。 それからは会社のロジスティクスの領域全般を任せてもらいつつ新規の法人営業をしています。 こちらも時間はかかりましたが、やっと成約につながった案件が出てきており、現在ではだいぶ軌道に乗り出しました。

──SHOPLIST後にCEPなんですね。CEPでの工藤さんの役割やミッションは?!

CEP自体の話をすると、CEPでは最終的に世の中のEC化率を最大化することに貢献します。 ECは場所を選ばないので、老若男女問わず買い物を楽しむことが出来ます。そんな最高の買い物体験ができる世の中を創る支援です。

そんな中で、私の役割は一つでも多くサイト構築の仕事を受注するために、しっかりとCEPの魅力/価値を伝えることが私の使命です。

──キャリアとして、様々な職種を経験してきている印象が強いですが、なかでも経験してよかったと感じるのは、どこかありますか?

色々ありますが、1つ選ぶのならロジスティクスですかね。ロジスティクスを今はやっていますが、やる前は、ロジカルさや細かさが求められる領域な気がしていて、自分は大雑把な性格ということもあり、出来ない印象を持っていました。ただ実際、任せていただいてからは大きな事故を起こすこともなく最低限の仕事は果たすことが出来ました。

気づきとして、ロジスティクスは理論上で解決できるほど簡単な話ではなく人と人のコミュニケーションが成り立ってこそ、商品を届けることが出来ると実感しました。これに関してはやってみなければ、分からないことでしたし、今では自ら手を挙げてでもチャレンジしたい領域になりましたね。

──やってみて気づくことってありますよね!最後に、工藤さんのビジョン、意気込みをお願いします

個人としては、まずは営業でNo.1の成績を取り、会社の圧倒的な成長に寄与することです。 中長期的には、事業を任せてもらい、自分で事業を行い圧倒的な売上を作る、というところがあります。 しかし、最終的には、同年代のビジネスマンの中で1番になることを目指しています。

私は1994年生まれなのですが、この世代はとにかくスポーツの世界で活躍している人が多い。 メジャーへ行った大谷選手、バドミントンの桃田選手、フィギュアスケートの羽生選手など、数多くいます。純粋に尊敬している、というのももちろんあります。 ただ、全く同じ時を過ごしているというのに、圧倒的な成果を出している人がいるにも関わらず、自分の現在の状況を見ると正直悔しいなと本気で感じます。 なので、どれだけ時間がかかっても、私はビジネスの世界でNo.1になりたいと思っています。

CEPとしては、短期、長期などはなくSHOPLISTの売上/利益に負けないCROOZの次世代の柱になることを目指しています。

──ありがとうございます!!今後もよろしくお願いします!

CROOZ EC Partnersについて:https://crooz-ec-partners.co.jp/

CONTENTS