CROOZ
トレクル

クルーズグループのトレンドを発信する公式メディア

社員のパフォーマンスを100%に引き出し事業を支える総務へ

クルーズの総務の小原さんに今回は話を聞いてきました。クルーズ本社で4年目を迎え部長としてグループを支える小原さん。なぜクルーズで、なぜ総務で、どんな信念を持って働いているのか迫っていきたいと思います。

小原
クルーズ株式会社 総務部 部長

大学卒業後、マリン系のスポーツ競技団体に勤務し大会運営などに従事。その後、大学時代の先輩でクルーズ勤務している社員からの誘いを受け、クルーズに2015年に入社。以後、総務部でバックオフィス業務に従事し現在は部長としてグループを支える。

「入社5年でどこにでも通用する総務・ビジネスマンに」

──現在総務部の部長を務める小原さんのクルーズに入ったきっかけは何ですか?

入社までの背景としては、先輩の紹介で入社に至っています。入社の決め手は、上場企業でのバックオフィス経験がないにもかかわらず、採用面談で面接官の役員から言われた「クルーズは変化が求められる会社。ここで5年頑張り抜けば、どこへ行っても通用するビジネスマンになれるよ。」と激励されたことです。入社するなら『社会人としてここは負けないというキャリアを身につけたい!』と考えていたので、その言葉を聞いて入社を決めました。
──先輩の紹介だったんですね!では、ビジネスマンを目指す上で、どんな考えを大切にして働いているのですか?

そうですね、総務部に配属されてから上司から教わった「総務は社員のパフォーマンスを100%に引き出す仕事」、「バックオフィスがしっかりしていれば、事業部は安心してビジネスに集中できる」という言葉・考えを大切にしています。

あくまで一部ですが、総務の見え方は「総務=誰でも出来る、万屋」と言われてしまうことありましたが、上司の言葉で社員からの多様なリクエストにスピード感をもって答え、提案し、働きやすい環境を提供することで事業に貢献する、万屋も極めればバックオフィスのジェネラリストになれる、と前向きに捉え、日々の仕事を本質で考えられるようになりましたね。

「1円でも無駄にしない」と「会社として判断」

──他に小原さんの働く上での判断軸になっているものはありますか?

2つあります。
1つ目は「1円を大事にすること」です。総務は社員のパフォーマンスを最大化するのが仕事で、お金を使う部署だからこそ事業部の方が作ってくれたお金を大切にし、コスト意識を常にもって最短納期、最良なパフォーマンス、最適なコストを追い求めるようにしています。クルーズのお金を大切にする文化であり、会社を健全に成長させていくためにとても大切なことだと考えています。

2つ目は会社と社員の間に挟まれたときは「51:49で会社側に立ってものを判断できる視点をもつこと」です。総務の業務は何かに特化していない分、様々なリクエストが会社、他部署、社員から来るんです。(例えば新しいオフィスサービスや設備を入れてほしい、こんな福利厚生がほしい、業務をフォローして欲しいなど)もちろんリクエストには最大限応えるのが総務のミッションだと思うのですが、やみくもに応えて会社のお金を無駄使いしてしまったり、部署や社員でサービスにバラつきが出て誰かが不幸になったりしないよう対応することが大事だと考えています。

オフィスプロジェクトで体感した1円を大事にする価値観

──その考えが身に染みた具体的なエピソードがあれば教えてほしいです!

入社して2年目に本社オフィスのリニューアルプロジェクトに参加しました。社長プレゼンで、「なんでここにお金をかけるの?ここを変えたらもっとやりたいことができるんじゃないの?」といくつもの指摘に応えられない失敗をしました。

プレゼン後の反省会で役員から「自分の家を建てるつもりでプロジェクトをやっている?自分でお金を払って家を建てるならデザイン、見積もりに細部まで目を通して把握しようと思う。」という言葉が染みたのをよく覚えていますね。大事にするべき「1円を大事にしてその価値を最大化する」ことが疎かになっていました。
それ以降、徹底的にプロジェクトを見直し、無事プロジェクトを遂行し、今のオフィスができています。

──今のオフィスを作るときですね。確かに小原さんが責任者としてやっていましたね。それでは、最後の小原さんの展望を教えてください

そうですね、「入社5年でどこにでも通用する総務・ビジネスマンになる」これが私の入社以来の目標です。成果指標は上司・役員の皆さんのようになることです。現在勤務しているクルーズには尊敬できるスゴイ先輩、同僚が周囲にたくさんいます。この環境を活かして成長していきたいです。
プライベートでは、新しい趣味を見つけたいですね。料理教室に通おうと思います(笑)

CONTENTS